2012年01月01日

《導入》PCを購入したらやっておきたいこと

新年明けましておめでとうございます。
今年も不定期にはなるかもしれませんが、役に立つ情報をどんどん提供していけたらと思いますので、よろしくお願い致します。

家電量販店などでは、この時期「初売」だといって、かなりの安値でPCが売られていることがほとんど。
新聞広告を見ていると、プリンターとのセット販売がかなり安いようです。

で、PCを導入した場合なのですが、単に初期設定を終わらせただけでは「準備が整った」とは言い切れません。今回はPCを購入した後にやっておかなければならないことをピックアップしていきます。




★周辺機器のセッティングをする


PCと一緒に、プリンターなどの周辺機器をセット購入した場合は、必ずこちらを設定しないと使えません。基本的には付属のCDなどを使ってセッティングを行うか、インターネット上から必要なファイルをダウンロードしてセッティングを行うかになります。

★ウイルス対策ソフトを導入する


前回記事において、ウイルス対策ソフトの導入について述べておりますが、インターネットに繋げる場合は必ずこちらを導入しておきます。購入後すぐにウイルス感染することがあっては大変です。

★Officeのライセンス認証を行う(Office2010限定)


WordやExcelなどのOffice系のソフトが付いたPCを購入した場合、Wordなどがすぐに使えるわけではありません。ライセンスキーの入力と、ライセンス認証が必要になります。

★リカバリーディスクを作成しておく


リカバリーとは、パソコンの状態を工場出荷時に戻すことです。リカバリーを行う方法としては、ハードディスク内に予め保存されているリカバリー用イメージを読み込む方法、DVDなどのディスクから読み込む方法の2通りがありますが、後者の方法を利用するためのリカバリーディスクが付属していないケースがあります(PCによる)。
仮に付属していない場合は、なるべく早い段階でDVD-Rなどを用意し、リカバリーディスクを作成しておくことを強く推奨します。リカバリーディスクの作成方法は取扱説明書に記載がありますが、大抵の場合、メーカーが用意しているバックアッププログラムを使ってリカバリーディスクを作成することがほとんどです。

リカバリーディスクの作成は、ほとんどのユーザーで行なっていない作業ではないでしょうか。作成しておくと、万が一ハードディスク内にあるリカバリーイメージが読めなくなった場合でも復旧することができるようになります。
繰り返しになりますが、万が一の保険として、作成しておくことを強く推奨します。




posted by アドミン at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 導入 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243662963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック