2013年08月13日

《ガイド》Defragglerの使い方 ~オプション編~

【2013/08/13更新】
追記・表記修正・画像追加を行いました。


前回記事の補足記事です。今回はDefragglerのオプション設定について解説します。



■1.一般


Setting-Def1.png

*使用言語

Defraggler内で表示される文字の言語を切り替えます。日本語でインストールを行った場合は、通常は日本語(Japanese)に設定されています。

*温度

ハードディスク本体の温度について、摂氏温度で表すか、華氏温度で表すかを選択します。通常は摂氏温度(℃)の方でOKです。

*Defragglerのアップデートを自動的にチェック

チェックを入れると、Defragglerの更新がないかを、Defraggler起動時にインターネット経由で確認します。更新があればメッセージで通知します。

*ドライブを表示

内蔵ハードディスクドライブ以外のものの表示・非表示を切り替えます。
以下のものが切り替えられます。

・SSD(ソリッドステートドライブ) ・リムーバブルディスク(USBメモリなど)
・マウントされていないドライブ(未フォーマットのために使用不能のドライブ)
・イジェクトドライブ(取り外し済みのUSBメモリなど)


■2.デフラグ


Setting-Def3.png

*ドライブのデフラグ中に巨大なファイルをドライブ後方へ移動

チェックを入れると、大きなサイズのファイル(例えば動画ファイルなど)を、デフラグ時にドライブ後方(正確には磁気ディスクの内側)へ移動させます。詳細を下記にて設定できます。

最小ファイルサイズ
こちらに設定した値以上のデータを巨大ファイルとして扱います。


移動のみを行うファイルの拡張子
任意で拡張子を選択すると、その拡張子の含まれたファイルは移動だけを行い、最適化までは行いません。この一覧は追加・編集・削除できます。

WS000010.JPG


空き領域のデフラグ中は巨大なファイルを移動しない
チェックを入れると、空き領域のデフラグ時に、巨大なサイズのファイルの移動処理を省略します


■3.クイックデフラグ


Setting-Def4.png

*デフォルトルール

ファイルサイズが50MB以下のファイルをデフラグします。それより大きなファイルはデフラグしません。

*独自ルールを適用

各種条件をに該当するファイルをデフラグするように設定します。

WS000011.JPG

■4.除外


デフラグを行う際に、特にデフラグを行う必要はないフォルダなどを指定します。

Setting-Def2.png


■拡張設定


Setting-Def5.png

*シェル拡張機能を有効

有効にすると、ファイルやフォルダを右クリックしたときに出てくるメニューの中に、Defragglerの実行機能が埋め込まれます。
WS000012.JPG

*Windows標準のデフラグツールと置き換える


チェックを入れると、下記の操作を行った際に、通常はWindows標準のディスクデフラグツールが起動するところを、代わりにDefragglerが起動するようになります。

WS000013.JPGスタート→コンピュータ(XP=マイコンピュータ)を開く
→ハードディスク本体のドライブを右クリック
→《プロパティ》押下
→《ツール》タブ内の「最適化する」ボタンをクリック


WS000014.JPG

*最小化時にタスクトレイに格納

Defragglerの画面を最小化した時に、タスクバー右側の通知領域にアイコンを格納するように設定します。最小化後は通知領域にあるアイコンをダブルクリックして開きます。

*すべての設定をiniファイルに保存

Defragglerの設定情報について、パソコン内のレジストリではなく、iniファイルに保存するようにします。

*ファイルリストにフォルダのインデックスを表示する

筆者にて確認していますが、特に変わる所が見当たりません。

*デフラグ前にドライブ クリーンアップ プロンプトを表示

チェックを入れると、デフラグ前にごみ箱の中身を空にするなどして、ハードディスクの容量を確保するかどうかを問うメッセージが出てきます。

*複数ドライブの解析データをキャッシュ


解析を行った際のデータをキャッシュとして保存しておくことができます。

*独自の断片化設定を使用


チェックを入れると、定義画面で設定した内容が適用されます。定義画面では下記の設定ができます。
復元ポイントを除外
チェックを入れると、システムの復元専用に作成されたファイル類のデフラグを行いません。


休止状態のファイルを除外
チェックを入れると、パソコンを休止状態にするときに作られるファイルのデフラグを行いません。

Setting-Def6.png


*NTFSボリュームのデフラグ時はVSSを停止

NTFSフォーマットのハードディスクなどをデフラグ中に、ボリュームシャドウコピーサービスを停止させます。


【関連リンク】
基本編
スケジュール編

posted by アドミン at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247710915
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック