2012年04月28日

《メンテナンス》パソコンを高速化するための裏手段 ~Windows Updateの履歴を抹消~

【注意】
この記事はWindowsXPを基準に記載しています。WindowsVistaやWindows7でも通用する部分がありますが、バッチプログラムはWindowsXP用です。


パソコンの動作が日々遅くなっていくことは、よくある話。
Windows Updateという更新の操作を重ねれば重ねるほど、どんどん遅くなってしまいます。

少しでもパソコン起動後のパフォーマンスが上がるようにしたいのであれば、Windows Updateの履歴を消去してしまいましょう。
ネットブックに最適!良質・2年間保証のDVDドライブ

■履歴を削除することによるメリット


セキュリティ的な部分に問題があった場合、その問題点を修正しなければ、情報盗難などの被害に遭遇してしまう場合があります。
マイクロソフト社は、その問題を解決するために修正プログラムを提供しています。その修正プログラムをダウンロードして自動的に組み込みするプログラムをWindows Updateと言います
*WordヤExcelの不具合の修正プログラムを配布する目的で、Microsoft Updateというものもありますが、Windows Updateとほぼ同じ機能を果たします。

しかし、WindowsXPの場合、なぜかわざわざWindows Updateの履歴をパソコン起動時に読みに行ってしまうため、結果的に他のプログラムの起動に遅延が生じ、結果的にパソコンが安定するまでに時間を要してしまいます

それを解消するのが次の操作になるわけですが、深い部分を触るのでちょっと危険技です。

1.Automatic Updatesサービスを停止
2.指定のフォルダの中身を削除
3.Automatic Updatesサービスを再開
4.PC再起動


上記1~3を自動化させたプログラムを作りました。
こちらからダウンロードいただけます。
※対応OS:WindowsXPのみ

これを管理者権限のあるユーザーで実行してやることで、Windows Updateの履歴のファイルを一括削除し、パソコンの高速化、及び、ハードディスク空き容量の増加を期待することができます

特にパソコンの起動がむちゃくちゃ遅いという場合には、ぜひ試してみてください。


posted by アドミン at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267399887
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック