2012年05月06日

《Q&A》各種メンテナンスソフトは本当に有効?


ガンガンガン速などのメンテナンスソフトを使って、動作速度は本当に早まりますか?


早くなるどころか、不具合を起こして起動不能になり得ます。

日経 PC 21 (ピーシーニジュウイチ) 2012年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥650から
(2012/5/6 20:53時点)



■事例


一度、当ブログにてAdvanced System Careの記事をアップし、ガイド記事を掲載しようとしましたが、断念しました。

当方にて、パソコンを極力高速化しようとして、これらのメンテナンスソフトを使用したのですが、下記のようなトラブルが発生しました。

・Windowsのライセンス認証を求められる。
・ディスプレイドライバに付属する設定用ソフトが、エラーにより起動不能になる。
・その他、あらゆる場面でエラーメッセージが出るようになる。

また、一部のソフトが正常に動作しなくなるケースがあります。厄介なことに、不具合が発生したときのためにとっておいたバックアップを使って復元させても、正常に動作しないこともあります

■不具合の原因


これらの不具合が発生しうるメンテナンスソフトの特徴として、非常に深い部分を操作する点が挙げられます。
当ブログではメンテナンスソフトとしてCCleanerを紹介していますが、問題を起こすソフトは、CCleaner以上に細かな部分まで操作します。

細かな部分まで操作しますので、CCleaner以上に高速化を見込めるのか?と思われがちですが、そうでもありません。ほぼイコールです。
ただ、経験上、メンテナンス後のPCの安定性に大きな違いが出てくるのは確かで、 CCleaner利用後の方が明らかに安定します

■PC購入時のスピードに戻すには?


そもそも、いろいろなソフトを導入している以上、ありとあらゆるメンテナンスソフトを動かしてみたとしても、PC購入時のスピードに戻すのは不可能です
CCleanerDefragglerを利用してメンテナンスをして、ある程度の高速化は図れますが、それでもPC購入時と比較して7~9割(環境に依存します)のスピードにしか回復しないなど、限界があります

本当にどうしても購入時のスピードへ戻すとなると、データを他の媒体へ退避させて、リカバリー(工場出荷時の状態へ復元すること)を行うほうが早いです。そして、使うソフトだけ入れ直すようにして、PC購入時のスピードを極力キープしていくしかありません。

■メモリ増設が最も有効


何度か当ブログでメモリ増設の記事を掲載していますが、メモリ増設は、スピード高速化の特効薬です。
ただ、PCの中身に部品を埋め込む作業なので、分解の知識を必要とします。

メーカーホームページに、メモリ増設をするための解説が掲載されていることがほとんどですが、必要であればPC専門ショップにもご相談ください。どのくらいまで増やせるのかなどの情報を探って、迅速に対応してくれます。


(PCのことに限ったことではないと思いますが)困ったこと、疑問に感じたことなどはそのままにせず、ぜひご相談ください。
相談は無料です。確実な方法で解決させていきましょう。

無料メール相談
→info.syssup@gmail.com


posted by アドミン at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック