2012年07月23日

《お勧め》高速でのファイルコピーを実現!「マッハCopy」

ハードディスクやUSBメモリ、液晶ディスプレイなどといったPC周辺機器を提供しているI-O DATAから、ファイルのコピーの高速化を実現するフリーソフト「マッハCopy」が無償提供されています。

I-O DATA USB3.0対応 ポータブルハードディスク「超高速カクうす」 シルバー×グレー 1TB HDPC-UT1.0S

新品価格
¥9,980から
(2012/7/22 23:22時点)

I-O DATA iPhone/Android対応 ワイヤレスワンセグチューナー GV-SC500/AI

新品価格
¥6,345から
(2012/7/22 23:25時点)

■ダウンロード


メーカーホームページ(コチラ)より無料ダウンロードできます。

対応OS:

Windows7(32・64ビット)/Vista(32・64ビット)/XP SP3
(筆者にて、WindowsXP SP2でも動作することを確認しています。)

■インストール手順


1.ダウンロードすると、下図のような圧縮ファイルが出来上がります。

comp.PNG
圧縮ファイル


2.圧縮ファイルをダブルクリックして実行すると、デスクトップにフォルダが作成され、中を開くとマッハCopyのインストーラ本体が出てきます。

MACH.PNG
マッハCopyインストーラ本体


3.インストーラ本体を実行し、ウィザードに従って「次へ」を押してインストールするだけです。

wiz1.PNG

wiz2.png

wiz3.PNG

wiz4.PNG

wiz5.PNG


4.あとは特に設定不要。ファイルコピーの操作時に自動的にマッハCopyが動作し、ファイルコピーを高速に行うことができます。

■ファイルコピーの時間の短縮に一躍


MACH2.PNG
コピースピードは60MB/秒を超えることも。


Windows系のパソコンで普通に行うコピーの操作より、こちらを使用してコピーするほうが、確かにコピー完了までの時間が短く感じます特に大容量のデータをコピーするときに重宝することと思います。

ちなみに、当ブログで紹介しているコチラのデータ移動方法と組み合わせて使用すると、筆者で試した限り、約20~30MB/秒※のスピードでコピーできました。
マッハCopy未導入の場合は、時間経過ごとに速度が低下し、最終的に6MB/秒の速度まで落ちてしまいました。こう考えると、マッハCopyの魅力がとても大きく感じるかと思います。
よくファイルのやり取りをされる場合は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※1Gbps対応のLAN端子同士を組み合わせてコピーした結果です。一般的な100Mbps対応のLAN端子同士で繋げた場合は、若干速度が落ちるかもしれません。

I-O DATA 縦置き・横置き両対応USB接続外付ハードディスク 2.0TB HDE-U2.0J [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

新品価格
¥11,700から
(2012/7/23 00:26時点)

I-O DATA net.USB機能搭載 IEEE802.11n準拠 450Mbps(規格値) 無線LAN Gigabitルーター WN-AG450DGR

新品価格
¥7,928から
(2012/7/23 00:28時点)


posted by アドミン at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック