2016年01月11日

《ガイド》Android端末でテザリング!EasyTetherの使い方 ~導入編~

【2016/01/11更新】
・MacBookでUSBテザリングする場合の方法の記事をアップしたことに伴い、リンクを追加しました。
・対応OSの情報を追記しました。Windows10や最新のMacOS等にも対応しております。

・当該記事は次のサイトにて紹介されております。
「HITORIGOTO」様
http://www.pacificsurf.biz/wordpress/?p=350

「格安SIMでXperia Z3を年間50,000円も安く持つ方法」様
http://www.docomo-z3sim.com/archives/44


パソコンはある。でもインターネットに繋がっていない。
そんな環境下にいらっしゃるパソコンユーザーさんは、意外と多いと思います。

そんな時に、Android搭載スマートフォンを使ってインターネット環境を作ってしまうことができます。
導入編使用編
接続トラブル解決編

Bluetoothテザリング編
Mac編

■機能概要


Android搭載のスマートフォンの一部において、テザリング機能※が付いていない機種が幾つか存在します。EasyTetherを使用することで、そのテザリング機能を実現させます。

※テザリングとは
パソコンと携帯端末をUSBケーブルや無線LANで接続し、携帯端末をモバイルルータ(Pocket WiFiのような、インターネットに繋ぐための機械)として使用すること。




■アプリの説明(Google Playより要約)


対応端末とOS

Windows系PC(Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP)
USBテザリングとBluetoothテザリングに対応(スマホ側、PC側がBluetooth機能に対応している必要があります)

Macintosh系PC(Mac OS X 10.4~10.11)
→USBテザリングのみに対応。

Androidタブレット(Android 6.0 / 5.1 / 5.0 / 4.0.3以上)
USBテザリングとBluetoothテザリングに対応(スマホ側、PC側がBluetooth機能に対応している必要があります)

Linux搭載PC(Linux (Ubuntu, Fedora, Arch Linux等)
USBテザリングとBluetoothテザリングに対応(スマホ側、PC側がBluetooth機能に対応している必要があります)

OpenWrtベースのルータ
→USBテザリングのみに対応

FreeBSD、DragonFly BSD搭載PC
USBテザリングとBluetoothテザリングに対応(スマホ側、PC側がBluetooth機能に対応している必要があります)

NetBSD搭載PC
→Bluetoothテザリングに対応(スマホ側、PC側がBluetooth機能に対応している必要があります)

root化(特権昇格)の必要性
不要

注意点
◆無料版であるLiteバージョンは「https」系のURLへアクセス不可。GmailやFacebookへのアクセスなどができません。接続を行いたい場合はフルバージョンの購入が必要です。


■ダウンロード/インストール手順


※以下、WindowsのPCにEasyTetherをセットアップする手順を記載しております。

1.こちらから、Androidスマートフォンにアプリをインストールします。

2.起動すると、下記のメッセージが出て、ウィザードを実行するように促されます。「Yes,run it now」をクリックします。

screenshot_2012-08-07_0007.png


3.ご使用のパソコンに合わせてセットアップウィザードを進めます。ここではWindowsを選びました。

screenshot_2012-08-07_0007_1.png


4.ドライバソフトをパソコンに入れないといけませんが、そのダウンロードは何で行うかを聞いてきています。今回はパソコンが全くインターネットに繋がらないので、「Download to Smartphone and copy」を選択しました。

screenshot_2012-08-07_0008.png


5.ドライバソフトのダウンロードリンクが出てきます。「Open drivers page」を選択します。

screenshot_2012-08-07_0011.png


6.universal 32-bit/64-bitというリンクがありますので、クリックしてダウンロードします。
※下記の画像のページには、こちらからもアクセスできます。
※SAMSUNG製のGalaxyシリーズや、LG製のOptimusシリーズ、Gシリーズを使用している場合は、ここで先に専用ドライバをダウンロード・インストールしておきます。

easytether-down1.png


7.ドライバファイルをダウンロードしたら、パソコンにそのファイルをコピーし、実行頂きます。

easytether-down2.png


8.「Install」を押して、画面の指示に従います。

easytether-down3.png


9.インストールが完了すると、タスクバーに携帯電話のようなマークが出てくるようになります。このアイコンから接続の設定などを行います。

WS000002.JPG


実際の利用の方法とトラブルシューティングの解説は、「使用編」を参照してください。

導入編使用編
接続トラブル解決編

Bluetoothテザリング編
Mac編

posted by アドミン at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック