2012年09月29日

《ご注意》パソコン使用中は、突然の災害にご用心。

筆者が記事を書いている頃、沖縄本島は台風17号の吹き返しの風がかなり強く吹いています。
既に停電になっているところがありますが、この停電がなかなか危険です。対策をとっておくことをお勧めします。

ソニー 家庭用蓄電池 ホームエネルギーサーバー(50Hz仕様)300Wh CP-S300E

新品価格
¥132,000から
(2012/9/29 12:27時点)



■災害により起こること


台風に限らず、様々な原因で停電になってしまうことがあります。
そのときにパソコンが動作していたら、次のようなことを引き起こします。

・保存できていない作業内容がなくなる
WordやExcelなどでファイルを作っているときに、そのファイルを保存をしていなかったら、その情報がなくなる恐れがあります。

・ハードディスク故障の恐れあり
正常でない状態で電源が落ちるため、ハードディスクが壊れることがあります。

・最悪、OS起動不能になる。
データが壊れることで、Windows自体も起動しなくなることがあります。

また、停電とはあまり関係がありませんが、落雷をまともに受けてしまうと、完全にパソコンが故障してしまいます。その点も要注意です。

■ノートパソコンはバッテリー装着を


持ち歩いてどこでも作業ができるという利点があるノートパソコンは、バッテリーがあると、停電になっても稼働し続けられます。
台風が来るとか、悪天候になるなどして停電することが予想される場合は、充電をして備えておくことを強く推奨します。

■デスクトップパソコンはUPSで保護


UPS=無停電電源装置
停電になった際に、あらかじめ充電されたバッテリーから数分間だけ電源を供給し続ける装置。


デスクトップパソコンにはバッテリーを搭載することがまずないので、外部電源を用いて停電に備えます。その外部電源というのがUPSです。

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

新品価格
¥14,694から
(2012/9/29 12:24時点)



この装置を使うと、停電になっても、数分間だけ電源をデスクトップパソコン(本体やディスプレイなど)に供給し続けることができます。
あくまでも数分間だけなので、作業内容を保存して電源を切る操作ができる程度しか持ちませんが、作業内容が失われることを避けるには必須のアイテムです。
ちなみにこのUPSは、雷などの影響でほんの一瞬だけ停電するという瞬間停電の現象にも強いとされていて、企業のサーバ装置にもよく使用されています。

■落雷に備えるには?


落雷が起こると、各家電製品に異常に高い電圧がかけられ、それが原因で故障してしまうことがあります。
それを回避するには、雷サージ保護機能が付いた電源タップを使用します。

ELECOM ぬけ止めマグネット雷タップ T-Y04A

新品価格
¥845から
(2012/9/29 13:15時点)



完全にガードできるわけではないとパッケージには書かれていますが、完全無防備よりは使用する方がベターです。
なお、UPSにも雷サージ保護機能が付いているものがあります。



台風がかなり強く、停電が相次ぐ可能性があります。
ぜひ、早めの対策をおとりください。

ORION UPS機能付ポータブルバッテリー PBD1520

新品価格
¥63,600から
(2012/9/29 12:22時点)



posted by アドミン at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 心構え | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294731798
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック