2012年11月14日

《購入記》HTC J ISW13HTを購入しました。

携帯電話業界ではLTE時代に入っていますが、インターネット上ではWiMAX搭載端末に興味を示しているユーザーがたくさんいるのは事実です。

筆者もその1人です。

友人が購入してその魅力を強く実感した私は、安くなったのをきっかけにHTC J ISW13HTを購入しました。

日経 PC 21 (ピーシーニジュウイチ) 2012年 12月号 [雑誌]

新品価格
¥650から
(2012/11/14 00:30時点)



■個人的な全体評価


いろいろ使い倒していますが、Android4.0と、HTCさんのシステムの作り方がしっかりマッチしていて、非常に軽快に操作することができます。
IS05やIS11Sと比較しても、そのスピードはかなり違っていて、今までのような使い方をしてももたつくことがなくなりました。
画面もそれなりに大きく、見易いです。有機ELのディスプレイなので発色良好。長時間見続けると目がチカチカするので大変ですが(^^;

■WiMAXの入りはどうか?


筆者が住んでいるのは都心部に当たるため、WiMAXのエリアもある程度整備ができている地域に当たります。
そのお陰もあってか、自宅でのWiMAXのアンテナ表示は常に4本。室内では弱まるかな?と思っていましたが、案外安定しています。
一方、当然ながら、整備があまりできていない所ではやはり不安定。また、いわゆる《パケ詰まり》といって、アンテナは立っているのに通信が止まるということもまれに発生してしまいます。→これはアップデート待ちでしょう。


[WX]と書かれているのがWiMAXのアンテナ表示。レベル4の表示です。

■beats Audio


万単位するイヤホンが付属することで有名なHTC J。市販のイヤホンでもbeats Audioの力を発揮し、他機種以上に奥深い音質で音楽を楽しめます。
ただし、電池消費は異常に増えます。


PowerAmpという音楽アプリでもbeats Audio機能を有効活用でき、更にSRS WOWサラウンド効果も楽しめます。

■ワンセグ/FMラジオ


イヤホン接続必須ですが、個人的に静かに使う分には問題なし。IS11Sと比較して、FMラジオの感度は少し上か?


ラジオもワンセグも、イヤホンがアンテナになります。

■電池持ちはどう?


ある日のバッテリーレベルの推移は次の通りです。IS11SやIS05と比較して、確実に長く持ちます。ただし、WiMAXやWi-FiテザリングがONだと、極端に減りが早まるので注意です。


たまにブラウザでニュースを見たり、LINEなどでやり取りする程度でこのくらいです。

■Wi-Fiテザリング対応


HTC Jがルータになります。パソコンが無線LANに対応していれば、パソコンとHTC Jを繋いで、パソコンからインターネットへ接続可能。EasyTetherを使う手間を省けます。


WiMAXと組み合わせると、Windows Updateもスムーズです。

■レザージャケット


IS05などには必ず着けていたレザージャケット。しかし、筆者が先日紹介させていただいていたレイアウト社製のレザージャケットは、この機種に限って存在しません。
楽天で探しだしたところ、代わりに次のレザージャケットがありました。

=メール便のみ送料無料=【HTC J ISW13HT用ソフトレザーケースポーチ】ブラウン/ブラック/イエロー触り心地抜群!(スマホケース)

価格:880円
(2012/11/13 23:11時点)
感想(4件)

=メール便のみ送料無料=【HTC J ISW13HT用レザーケースポーチ】ブラック/ホワイト/レッド 使いやすい縦開きタイプ!(スマホケース)

価格:880円
(2012/11/13 23:13時点)
感想(3件)



筆者は黒とブラウンを買いました。そのレビューも書いていますので参考にしてください。

いろいろ利用していく中で、何か紹介できることがありましたら、別途記事にしていこうと思います。
posted by アドミン at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ&ケータイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック