2013年10月28日

《豆知識》スマホとモバイルルータの2台組で、LTE時代の通信コストは5000円以下!?

電話しかできなかった携帯電話がインターネット接続の機能を持ち、今ではスマートフォン(以下、スマホ)1つでいろんなことができるようになり、さらにインターネット接続時の通信速度の革命が進んでいます。

しかし、通信速度の革命が進んだことで、スマホ1回線にかかる料金が高くなっていっていることもまた事実です。残念でなりません。

しかし、そのような時代の中、あまり世間では大きく伝えられていませんが、スマホで電話もできて、インターネットもできて、それでいて通信コストが最安で5000円以下になる方法が出てきています。

それが、モバイルルータとスマホの2台組構成です。

■スマホ1台持ちの料金体系


LTE対応スマホを持ち始めた場合、大抵は次のような料金体系になっているのではないかと見られます。

◆docomoの場合


  • 基本使用料980円
  • spモード利用料315円
  • Xiパケ・ホーダイ ライト4935円

  • =6230円(オプションなどは別途)

    ◆auの場合


  • 基本使用料980円
  • LTE NET利用料315円
  • LTEフラット5985円

  • =7280円(auスマートバリュー適用で5800円)
    (オプションなどは別途)

    ◆SoftBankの場合


  • 基本使用料980円
  • S!ベーシックパック利用料315円
  • パケットし放題フラット for 4G 5985円

  • =7280円(スマホBB割適用で5800円)
    (オプションなどは別途)


    このように、最安値が大体6000円前後です。これに通話料などが加算されていくイメージなので、少なくともこのくらいかかるという目安になると思います。

    ■実はなかなか多額なインターネット接続料金


    上記の中で赤字で示したものが、インターネットに接続する上で必要になる金額です。
    その金額は5250円(docomo)~6300円(au・SoftBank)。インターネットに接続できるような契約にしただけで、このくらいの料金がかかります。

    au提供の「auスマートバリュー」やSoftBank提供の「スマホBB割」を適用させることで最大1480円割引されはしますが、それでも4820円はインターネット接続料金としてかかります

    ■安くインターネットに繋げるには?


    スマートフォンには標準で、Wi-Fi(無線LAN)機能が搭載されています。
    これを利用することで、StarbucksなどのWi-Fiスポットに行けば、高速な回線を利用してインターネットに接続することができます。

    一応、携帯会社の回線にほぼ常時繋がっていることで、屋内外問わずどこでもインターネットに接続できる・・・これが今のスマートフォンの長所ではありますが、その機能はスマートフォンだけではなく、モバイルルータにも備わっています





    上記のバナーを見ても分かるように、インターネット接続料金としてかかるのは3770円~3880円4000円を切ります
    インターネットに接続できるようにするためのサービスやパケット定額制サービスを解除し、モバイルルータとの2台組にすることで、2台の総合計金額は次のように5000円以下になります

    ※注:以下、モバイルルータの利用料を3880円として計算しています。


  • 基本使用料980円
  • モバイルルータ利用料3880円

  • =4860円
    (これに通話料、端末代などが加算されます)

    ■注意点


    2台組にする場合のほうが安上がりだったり、スマートフォン単体で済ませるほうが安上がりだったりするケースがあります。以下に注意点をまとめます。

    ◆毎月割/月々割などが適用されている場合

    これらの割賦期間中に通信料金を割引するサービスが適用されている場合は注意が必要です。
    購入された端末により割引される金額が異なりますが、以下の条件のいずれかを満たす場合は、2台組にすると料金が割高になります。

  • auスマートバリューなどの固定回線とのセット割引によって1480円割引され、かつ、毎月割などで940円以上値引きされている場合
  • <docomo>Xiパケ・ホーダイ ライトを適用して、かつ、月々割で1370円以上割引されている場合
  • <docomo以外>auスマートバリューなどには加入していないが、毎月割などで2420円以上割引されている場合


  • 毎月割などの適用期間が終わった後に2台組にするほうが適切と見られます。

    ◆各キャリア特有の機能が使用できません

    特に携帯会社により提供されているキャリアメールなどが使用できないことになります。Gmailなどのメールアドレスを持つなどの代替策が必要です。

    ◆モバイルルータを安く使うには、契約が伴います

    よくある「2年契約」を結ばされるなどの制約があります。契約期間中に解約するとなると解約手数料が発生します。また、ある期間までは通倫速度制限なしだけど、ある機関からは一定量通信すると通信速度制限がかかるようになるといった制限事項も設けられていることがあります。
    契約内容はきちんと確認されることを強く推奨します。


    ケータイ料金を極力安くしたい時の参考にしていただけると幸いです。

    posted by アドミン at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ&ケータイ | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    コチラをクリックしてください

    この記事へのトラックバック