2014年01月27日

《不具合?》GalaxyNote3 SCL22における、セーフモード絡みの現象

au版GalaxyNote3(SCL22)において、気になる現象が発生することが確認されました。不具合か仕様かははっきりしておらず、現在KDDIへ問い合わせ中です。

【2014/01/27】
1/26に回答がありましたので、追記しております。

docomo GALAXY Note 3 SC-01F/au SCL22 ケース ワンピース・ポップアップ・レザージャケット ブックカバータイプ ルフィ海賊旗|レイ・アウト※メール便不可[ドコモ/ギャラクシー/キャラクター/人気/ブランド/スマホケース/カバー/アクセサリ]【RCP】

価格:3,980円
(2014/1/4 21:33時点)

メール便送料無料★docomo GALAXY Note 3 SC-01F/au SCL22 ケース ディズニー・ポップアップ・レザージャケット ブックカバータイプ ミニー|レイ・アウト[ドコモ/ギャラクシー/キャラクター/人気/ブランド/スマホケース/カバー/アクセサリ]【RCP】

価格:3,980円
(2014/1/4 21:31時点)


■現象の再現手順


1、 セーフモードで一度起動。
2、通常通り再起動。

■現象の内容


次の現象が確認されております。

アプリランチャーの中でフォルダ分けしている場合、そのフォルダ分けの設定が一部初期化される。
例えば【LINE】や【取扱説明書】のアプリを《au》フォルダに格納したとして、その状態で現象再現手順通りに操作を行うと、《au》フォルダからそれらのアプリが移動し、独立した形で表示されます。
(デフォルトのホームアプリを利用時に関係します)

2014/01/05 11:37追記
【フォルダから出てきてしまうアプリ】
  • LISMO
  • GREEマーケット
  • バーコードリーダー
  • 取扱説明書
  • ビデオパス
  • 安心アクセス
  • ゲームギフト
  • GREE
  • ルルロロPictureBook
  • じぶん銀行
  • KKBOX
  • LINE
  • LAWSON
  • ナビウォーク
  • TOLOTフォトブック

  • いずれも、端末初期化時に自動インストールされるアプリのようです。

    一部アプリの設定が初期状態になる
    少なくとも、プリインストールアプリの【Twitter】と【Google日本語入力】の設定が初期化される模様です。これにより、例えば【Twitter】についてはアプリに保存済みのログインアカウントの情報が、【Google日本語入力】については各種設定情報が消失してしまいます。
    (いずれも再設定をすれば通常通り利用可能です)


    ■KDDIからの回答


    1/26(日)に、KDDI様より回答がありました。

    *アプリランチャー内のフォルダ分け設定が消失する件


  • これは、Playストアなどからダウンロード・インストールし「データ領域」に保存されているアプリ(※以下「対象アプリ」と表記)に対して発生する動作となる。
  • 上記で記載している15種類のアプリは、「データ領域」に保存される削除可能なアプリとなるため、「対象アプリ」に含まれる。
  • セーフモードで起動した場合、「対象アプリ」未インストール状態として処理され、アプリ一覧にも表示されない。
  • その後、通常モードで再起動した場合、「対象アプリ」は再びアプリ一覧に表示されるが、この際、ランチャーアプリ側では「対象アプリ」「新たにインストールされたもの」と認識する。
  • 結果、セーフモード起動前のフォルダ分類の情報が維持されず、新たにアプリをインストールした場合と同じように、アプリ一覧の末尾に追加する動作を行う。

    上記の件についてはKDDI様曰く「仕様上の正常な動作」としつつも、「今後のアップデートの際に、仕様変更について検討するとの報告を受けている」とのこと。
    もしかしたら、何かしらの処置がされるかもしれません。

    なお、プリセットアプリのうち、Playストアなどの「完全削除ができないもの」については、データ領域とはまた別の領域(恐らく「プリセット領域」のこと)に保存されているため、上記事象は発生しないとのことでした。

    *一部のアプリの設定が初期化される件


  • アカウントをアカウントマネージャー([設定]→[一般]→[アカウント])上で管理しているアプリに対して発生する。
  • Twitterなどの「対象アプリ」は、セーフモード起動により「未インストール状態」となるが、その時にTwitterもインストールされていないこととして処理される。
  • そのため、同時にアカウントマネージャーはTwitterのアカウント情報を無効化→削除してしまう。


  • この現象も「仕様」と表現されており、また、Androidのアカウントマネージャーの仕様が絡んでいることもあり、改善が難しいとのことでした。




    以上が確認結果となります。
    Google日本語入力の設定が初期化される件は、恐らくセーフモードでGoogle日本語入力自体が無効化されてしまうことが原因のようです。

    一応、セーフモードで起動をしなければ何のトラブルも起こらないとは思われますが、セーフモードの起動の方法をau Q&Aプラスで案内しておきながら、その後起こる事象について何も触れられていなかったため、確認のためお問い合わせした次第でした。
    posted by アドミン at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ&ケータイ | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    コチラをクリックしてください
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/384348121
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック