2015年02月14日

《作業レポート》SONY VAIO SVE14129CJWを、HDD不良から復活させてみた。

SVE14129-1.jpg


OS起動不能となっていたVAIOをメルカリにて購入。復活を試みることにしました。



■状況確認


外見上ほとんど傷もなく、むしろファンが回転しだしたときに新品の時に出てくるようなにおいがあったことから、そんなに長時間使用されていたわけではない様子でした。

で、写真を撮り忘れてしまいましたが、起動してみると、小さくS.M.A.R.T.関連のエラーが・・・。
この時点でハードディスク不良と断定。

その影響なのか、エラーをスキップさせても、Operating System Not Found.の表示。
OSの起動すらできない状態でした。

■リカバリーは動作するが・・・。


とりあえず、電源を切った状態でASSISTボタンを押して起動することでVAIOレスキューモードが起動するので、そちらからリカバリーメニューを起動させてリカバリーを試行。

トップの画像のように途中まではリカバリーは進行しましたが、79%まで進行したあたりでエラーも出ずに進捗が止まってしまう状況・・・あれ?ハードディスクも回転しているのに・・・?

ハードディスクを取り外してハードディスクケースに入れて、別のパソコンにて状況を確認すると、何とハードディスクのエラーが200回以上頻発していたことが判明。
衝撃を受けてハードディスクに障害が起こってしまったのでしょう。

エラーチェックも正常に終了できない状態に陥り、別のハードディスクへEASEUS ToDo Backupを用いてクローンを作成しようとしましたが、こちらもエラーでクローン作成不可。
リカバリー領域などの必要なパーティションのみを別のハードディスクにコピーして、そこからリカバリーを試みようとしましたが、それもVAIO Care側がエラーを起こしてあえなく失敗。

工場出荷時の状態への復元はできないものと判断。別の手段を検討することになりました。

■手持ちのWindows8 Proのメディアが使える?


リカバリーができないなら、OSをクリーンインストールする以外に復旧方法はありません。
しかし、ノートパソコンにWindows8をクリーンインストールしたなんていう記事は案外見つからず。できるものなのかどうか、実際に実験。
結論から言えば、相当簡単に完了しました。

格安で入手(ほとんど使われていないものを7000円で購入)した240GBのSSDに換装した後、次の手順で対応しました。
※ハードディスクの換装自体は、裏蓋を外してマウンターを付け替えて交換するだけの簡単作業でした。

1.ASSISTボタンで起動させてBIOS画面へアクセス。
2.UEFIモードで起動するように設定し、かつ、内蔵DVDドライブからの起動をできるように設定し、そしてセキュアブートも一旦無効にして再起動する。
3.Windows8 Proのディスクを入れて、画面の指示に従って操作する。

このPCのドライバ自体はほとんどのものが正常に当たりました。(サウンドとタッチパッドのドライバはメーカーサイトからダウンロードして差し替えを行いました)

■技術情報


実はWindows8になってから、メーカー製パソコンのOSのライセンスキー自体をBIOS側で記憶させる仕様になっています。今まではパソコン本体裏面にライセンスキーが記載されたラベルが貼られておりましたが、それがWindows8になってからは無くなっています。
OSディスクを入れてインストールを行う際は、プロダクトキーを求められることなくインストールを行うことができます。その際、Windows8 Proのディスクを挿入したとしても、パソコン自体が持っているライセンスキーがWindows8のものだった場合は、自動的にWindows8がインストールされます
(逆に言えば、Windows8のディスクを入れたとしても、パソコン自体に付いているライセンスキーがWindows8 Proのものの場合は、Windows8 Proがインストールされるということになります)

SVE14129-2.png
PC情報の画面。
Windows Update後なのでWindows8.1になっていますが、
Pro版ではなく「通常版」がインストールされています。
ライセンスも正しく認証されています。


ただし、メディアを使ったOSのクリーンインストールの際は、以下の点に注意が必要です。
・UEFIが有効であること
・セキュアブートが無効であること(外部メディアからの起動ができないことがあるので一旦無効にする。インストール後は有効でOK)
・OSインストールディスク内のei.cfgを操作していないこと(OSインストール時にエディションを選択する画面を表示できるようにするためにこのファイルを編集する必要がありますが、編集を行うとUEFIモードでのCD起動ができなくなるとの情報があります。その観点から言えば、編集はお勧めできません)
・インターネット接続を行うと自動でライセンス認証が行われること(特に問題はないと思われますが、異常がある場合は電話によるライセンス認証を促される可能性があります)

パソコンのリカバリー領域がないときにOSをクリーンインストールしたい・・・そんなときのお役に立てれば光栄です(^^)

posted by アドミン at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事例集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414063936
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック