2016年01月11日

《雑記》これからパソコンを購入される方へ【進学】【就職】【転職】

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

旧年中は筆者がブログを書けるほどの時間が取れず、そこまで新規の記事投稿ができず、よくアクセスされるページの最新版の更新で手いっぱいとなっておりました。申し訳ございません。

それでもいろんな方にアクセスいただき、そして様々な形でお問い合わせやコメントなどを頂いております。誠にありがとうございます。

本年もそこまで更新頻度のペースアップはできないかもしれませんが、随時お問い合わせなどは受け付けておりますので、お気軽に問い合わせ頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、進学や就職などのライフスタイルが変わろうとする時期に近づいてきました。それに伴ってパソコンを購入される方々もいらっしゃることと思います。

でも、何が良いのか分からない…というお声をよく耳にします。確かにそうですよね^^;

CPU?メモリ?HDD?SSD?
ナニソレオイシイノ?
という冗談も聞こえてきそうです(笑)

そういう方々のために、ちょっとした情報を、商品の例と一緒にご提供させて頂きます。



■基本性能はどれも十分


最近販売されている新品パソコンについては、初心者向けに販売されている機種でさえもなかなかの性能を発揮してくれます。
大学のレポートなどを作成するためにワードやエクセルを使う、音楽やYouTubeを視聴する、ニコ動でニコニコする(?)といったことは問題なくこなせます。
そういう比較的簡単な作業をする程度の利用であれば、どのパソコンでもこなせるので、失敗はしないでしょう。

*とはいえ、データの保存容量にご注意


データを保存するための部品として、数年前まではハードディスク搭載が主体となっていましたが、「小容量だけどとてつもなく高速」と言われるSSDや、「SSDほど高速ではないけどローコスト」と言われるeMMCという部品を搭載するPCにが市場を出回るようになりました。SSDやeMMC搭載の機種の場合は容量が小さいため、特に動画や写真、音楽など、大量にデータを保存することが想定される場合は注意が必要です。

<用語解説>


ハードディスク(HDD)

磁気を帯びた円盤状のディスクに対してデータの読み書きを行う装置。他3つと比較すると低速だが、大容量の物が多い。モーター駆動のため、衝撃に弱い。

Lenovo G40 Win8.1 64bit【Windows10対応】

新品価格
¥31,800から
(2016/1/11 18:27時点)


ソリッドステートドライブ(SSD)

内蔵のフラッシュメモリに対してデータの読み書きを行う装置。4つの中では一番高速。モーター駆動部がないため、衝撃にも強い。大容量のものも出ているが、まだかなりコストがかかる。

東芝 dynabook KIRA VZ63/TS 東芝Webオリジナルモデル (Windows 10 Home/Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス /13.3型/core i5/プレミアムシルバー) PVZ63TS-NWA

新品価格
¥142,020から
(2016/1/11 18:39時点)


組み込み用マルチメディアカード(eMMC)

SSDと同様に、フラッシュメモリに対してデータの読み書きを行う装置。主にタブレットなどの基板に埋め込まれているため、交換不可能。タブレットなどで使用されることが想定されているために小容量で、動作はSSDよりは少し遅めだが、HDDよりは確実に早い。

Lenovo タブレット 2in1 パソコン Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載/2GB/64GB/Windows 8.1/Win10無料アップデート/高解像度10.1インチ

新品価格
¥42,800から
(2016/1/11 18:40時点)


ソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)

HDD本体の中にフラッシュメモリを内蔵することで、HDDの「大容量」とSSDの「高速」というメリットを組み合わせた記録装置。HDDよりもややコストはかかるが、よく読み込みされるファイルを自動的に学習してフラッシュメモリに溜めておく機能が付いており、PCそのものやアプリケーションの起動速度などがSSD並に高速化する。

【送料無料】NEC ノートパソコン Kual LAVIE Note Standard クリスタルレッド PC-NS700CAR-E3 [PCNS700CARE3]

価格:177,990円
(2016/1/11 18:47時点)



クリエイティブなことをするなら


動画編集や画像加工、3Dゲームなどをするというヘビー級なことに使う場合や、とことん処理の速さにこだわる場合は、予算を増やして、下記の条件を満たしたパソコンを購入されることをおすすめします。
  • Core i5やCore i7という種類のCPU搭載
  • メモリ4GB以上を搭載
  • SSD、またはSSHDを搭載

    【送料無料】 東芝 13.3型ノートPC[Office付き・Win10 Home・Core i5・SSHD 1TB・メモリ 4GB] dynabook RX73/TWP プラチナホワイト PRX73TWPBWA (2015秋冬モデル)

    価格:171,040円
    (2016/1/11 18:48時点)



    ■ノートかデスクトップか


    一応、同じ種類のCPUなどを搭載していても、デスクトップパソコンの方が、ノートパソコンよりも確実に高性能です。
    ただ、パソコンを使う場所を想像してご検討ください。特に家にいないことが多い生活スタイルの場合、ノートパソコンでないと作業は捗らないでしょう。

    デスクトップパソコンは、主に家にいることが多い場合、クリエイター活動に集中して取り組む場合、職場など、使用する場所が固定されている場合、または家族内で共用で使用する場合に適します。
    性能ありきでデスクトップを選んでも、使う機会が少ないと意味がありません。想定される使用場所をよくよく確認することおすすめします。

    (筆者の場合、家に一日中いるのが1年に数日程度しかない上に、デスクトップパソコンの置き場所がないので、ノートパソコン派です)
    (特に大学でレポートを作成する場合など、持ち運んで作業する場面が多いとなると、必然的にノートパソコンがおすすめです)

    ■MacかWindowsか


    筆者も最近MacBook Airを中古で購入して使用しています。一応、世間的に見てみると、クリエイティブ志向のユーザーならMac、事務作業が主体の場合はWindows…という事が多いようですが、WindowsでもMacでも、事務作業もクリエイト活動もできるようになっております。
    ただ、周りがWindowsを持っているのか、Macを持っているのかは、念のため確認が必要です。Windowsで作成したワードやエクセルのファイルが、Macでは正しく表示されない場合(またはその逆)が生じるおそれがあるためです。

    筆者は元々Windowsを使用していた上に、周りの方々が大抵Windowsを使用していて、ワードやエクセルなどのファイルのやり取りが多いこともあって、どうしてもWindowsでやらざるを得ない作業が山程あります。そのため、Mac一本に絞るのが難しく、Macは演劇の音響や作曲などに特化して活用しているのが現状です。

    Apple MacBook Air 128GB 13.3インチ Core i5 1.6GHz ノートパソコン MJVE2J/A マックブックエアー ノートPC アップル MJVE2JA 【送料無料】【KK9N0D18P】

    価格:119,800円
    (2016/1/11 19:10時点)



    ■ご相談ください!


    さあ、読者の皆様は、どこで、どのようなことにパソコンを使いますか?
    使えれば良い程度で構いませんか?それともコストをかけてでも高速動作を求めますか?

    それに応じて、おすすめのパソコンは違ってきます。

    もしも迷われていましたら、ぜひご相談くださいませ。お手伝いさせて頂きます\(^o^)/

  • posted by アドミン at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    コチラをクリックしてください
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/432429817
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック