2017年05月14日

【セキュリティ情報】ランサムウェア「WannaCry/Wcry」関連情報

Yahoo!ニュースなどで、ランサムウェア「WannaCry/Wcry」による被害が全世界で広がっている旨の報道が流れております。

yu_cry1.jpg


◆感染経路と特徴


現段階で確認していることとしては、メールなどでURLが送信されてきて、それを開くことによりランサムウェアが入り込むというもの。
ランサムウェアが入り込むと、PC内に保存されているファイル類が暗号化されて開けなくなり、更には身代金を要求されます。
この被害は日本でも2件確認されているとの報道もありました。

◆万が一感染したら・・・


万が一ランサムウェアと思われる画面や挙動が出てきた場合は、次の策をとってください。

・すぐにPCをシャットダウンしてください。シャットダウンできない場合は、電源ボタン長押しにて強制的に電源を落としてください、
・PCからLANケーブルを抜いてください。外付ハードディスクやUSBメモリなどをさしている場合はそれらも抜き、安全性が確認されるまでは絶対に他のPCなどにも接続しないでください。
・会社のPCがおかしくなった場合は、ただちに上長、またはセキュリティ担当者へ連絡してください。個人PCの場合はこちらで対処させて頂きます。

なお、こちらがセットアップしてお渡ししているPCには「BitDefender」と呼ばれるウイルス対策ソフトを導入しており、今回のランサムウェアが入ってきたとしてもブロックされますのでご安心ください。

ただ、いずれにしても、発信元不明のメールやURLは開かないようにご注意ください。

◆公式情報


JPCERTコーディネーションセンター
https://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170020.html

トレンドマイクロ セキュリティブログ
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/14873

◆予防策について


・ウイルス対策ソフトを最新の状態に更新してください。
・Windows Updateの実施を行ってください。または、OSごとに以下の更新プログラムをダウンロード・インストールしてください。
WindowsXP/Vista/8
Windows7
Windows8.1

※Windows10の場合は、インストールされているビルドのバージョンで更新プログラムが異なりますので、Windows Updateでインストールされることを推奨します(個人向けPCのOSはほぼWindows10 Homeなので、ほとんどが自動でインストールされます)。

・発信元不明のメールやURLは絶対にクリックしないでください。
・万が一に備えて、大切なデータについては、外付ハードディスクなどへのバックアップを行ってください。

※更新プログラムのダウンロード先へのアクセスが集中しているのか、アクセスに失敗する可能性があります。その場合は時間をおいて再度アクセスを試行ください。

最新情報が入り次第、随時更新いたします。
posted by アドミン at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック